車買取と下取りの査定の違い

車買取と下取りの両方の査定を受けて比較しよう!

新しい自動車を購入するディーラーなどでの下取りと、車買取専門店などでの車買取を比較した際に、よく「下取りよりも車買取のほうが高く愛車を売れる」と言われることがあります。実際にはどうなのでしょうか。

 

車買取専門店が持つ強みは、買取った車の販売力が高いというところにあります。販売のルートが強力で、そもそも買取った車を在庫として抱える期間が短い上、中古車流通業者で行われるオートオークションで車を売却することも可能ですし、海外への輸出ルートや部品市場へのつながりなど、ディーラーにはない販売網を持っている業者も多数存在します。

 

下取りでは値がつかなかったり、逆に廃棄のために料金を請求されたりするような場合であっても、車買取専門店なら値がつくということもあるのはそのためなのです。

 

また車買取専門店は中古車流通専門ですので、「いくらで売れる」ということも把握済みです。ディーラーが出す査定額よりも高く、しかし売却の際の価格から利益も十分に取れる価格を算出することが可能なのです。

 

特に人気車種の場合、ディーラーは売却額に比べて査定額を低く出す傾向があり、車買取専門店と査定額の差が開きやすいと言われることがあります。

 

ただ、例外もあります。たとえば査定をしてもらう車のメーカーがそのディーラーのメーカーと同じであった場合、車買取専門店よりもディーラーの下取りのほうが高値がつく場合もあるのです。

 

これは、次の車も自社メーカーのものを買ってもらうためのユーザーへの戦略という理由もありますし、自社メーカーなら部品も手に入れやすく、買取後の整備も安価に行えるということも理由のひとつのようです。

 

しかし、これは絶対的なものではありません。車買取のほうが査定が高かったということもザラにあるようです。どちらか迷ったら、両方の査定を受けて比較してみるのもよいかも知れません。

 

トップページへ戻る⇒車買取高.com|高く車を買取してもらうにはコツがある

車買取と下取りの査定の違い関連ページ

中古車の査定とは?
中古車の査定とは、定められた制度の中で中古車がいくらかを判定することです。ディーラーや買取店によって価格の差があるので、注意が必要です。
中古車の査定基準はどんなことなの?
中古車の査定基準は査定をする店舗によって違いが出てきます。ですので数社を比較しながらおこなうことがいいでしょう。
中古車査定の方法
中古車の査定方法を理解することで重要なポイントが学べます。なぜ業者によって、査定額が違うのかを学びましょう。
中古車査定額の相場
中古車査定額の相場を知る方法をご紹介。愛車をどこよりも高く売るなら重要なポイントをおさえましょう。
中古車査定における地域差と季節差
中古車の査定額や買取価格は、地域や季節によって違いが出てきます。ですので、需要があるタイミングをみて中古車を売るのが適切な判断になります。