車体の傷・へこみで車の査定額は変わる!?

車体の傷・へこみについて

愛車の売却の際に、外装で気になるのがボディの傷やへこみという方も多いのではないでしょうか。軽微な傷がついている、ガレージなどで少し擦った、ぶつけたなどでへこみがあるなどといった車の場合、買取にはどのような影響が出るのでしょうか。

 

基本的には、その分は車の買取を行う業者によって修理がされることになりますので、その分を査定から差し引かれることになります。ではその分を直してから査定に出せばいいかというと、そうとはいえないことが多いと言われます。

 

例えばへこみの場合、修理して査定に出したとすると、修理代金と査定のマイナス分を比較したとき、修理代金のほうが高くつく場合がほとんどです。つまり、へこみなどがある車であっても、そのままの状態で査定に出すほうがよいという場合が多いのです。

 

軽微な傷の場合については、消せるものならば消しておいたほうが良いでしょう。市販されているコンパウンドやタッチペンなどを利用してきれいになるようであれば、それに越したことはありません。

 

ただし一番大切なのは、傷やへこみがあったとしても、車をきれいにした状態で査定に出すことです。軽微な傷であれば、車がきれいにされている場合査定に響かないというケースもあるようです。

 

一方で、車が汚れていて大切に使われていないと査定士に見られた場合は、査定も辛口になることがあると言います。傷やへこみの修復も大切ですが、まずは洗車・清掃をしっかりしてからとしたほうがよさそうです。

 

トップページへ戻る⇒車買取高.com|高く車を買取してもらうにはコツがある

車体の傷・へこみで車の査定額は変わる!?関連ページ

車の清掃で買取査定額をアップする
車の清掃を丁寧におこなうことで、車買取の査定額がアップする場合があります。車の清掃について説明しているので参考にしてください。
喫煙・ペットの痕跡は査定価格に響くので事前にチェックしよう!
喫煙やペットの痕跡は車の査定額に響いてしまいます。ですので、しっかりと消臭したり磨き上げることが大切です。
オプションが付いていると車の査定額は高くなるのか?
車を売るさいにオプションが付いていると査定額は高くなるのかを紹介。
車検までの期間があると車の査定額に響くか?
車検までの残りの期間によっては車の査定額に影響します。
査定を受ける時期と売却のタイミング
査定を受ける時期と売却のタイミングをご紹介しています。
事故車・修復歴車の査定
事故車や修復歴のある車の査定額について説明しています。