事故車・修復歴車の査定

事故車や修復歴のある車の査定について

中古車市場においては、「事故車・修理歴車」と言われる車は価値を低く見られます。一般的に事故車というと、何らかの事故によってボディなどに傷やへこみ、ゆがみなどの損傷が生じたものを指すことが多いでしょうけれど、中古車市場における「事故車」の定義はそれと同じではありません。

 

中古車における事故車とは、事故や災害などによって、自動車のボディフレームにゆがみや損傷が生じた車のことを指し、その修理をした経歴のある車のことを修理歴車と言います。単体の部品の交換のみで修理が完結する故障のみであれば、その車は事故車や修理歴車とはみなされません。

 

つまり、少し擦ったりぶつけたりしてバンパーやランプ部分、ミラーなどが傷ついたり壊れたり、それを修理したりしたものについては「事故車・修理歴車」ではないのです。自分の愛車を事故車だと思っている人もかなり多いのではないかと推測されますが、この定義に照らすと事故車ではないという場合も多いのではないでしょうか。

 

しかしこの定義に沿った修理歴がある車が今売却を考えている愛車であるならば、査定が下がるからとそれを隠しても無駄と言えます。査定士はきちんと研修を受けたプロですので、修理歴を見逃すことはまずありません。

 

逆に申告して査定をしてもらったほうが査定自体もスムーズですし、正直に申告したことによる心象のアップにより査定額も上がる場合もあるようです。

 

また、事故車で動かない、ボディの損傷が激しいなどの車であっても、売却をあきらめることはありません。そのような車を専門に扱っている買取業者もありますし、中古車買取専門店でも廃車買取部門を設けている業者もありますので、何社かに訪ねてみるのがおすすめです。

 

トップページへ戻る⇒車買取高.com|高く車を買取してもらうにはコツがある

事故車・修復歴車の査定関連ページ

車の清掃で買取査定額をアップする
車の清掃を丁寧におこなうことで、車買取の査定額がアップする場合があります。車の清掃について説明しているので参考にしてください。
喫煙・ペットの痕跡は査定価格に響くので事前にチェックしよう!
喫煙やペットの痕跡は車の査定額に響いてしまいます。ですので、しっかりと消臭したり磨き上げることが大切です。
車体の傷・へこみで車の査定額は変わる!?
車の査定額は傷やへこみによってどのような影響がでてくるのかをご紹介。
オプションが付いていると車の査定額は高くなるのか?
車を売るさいにオプションが付いていると査定額は高くなるのかを紹介。
車検までの期間があると車の査定額に響くか?
車検までの残りの期間によっては車の査定額に影響します。
査定を受ける時期と売却のタイミング
査定を受ける時期と売却のタイミングをご紹介しています。